空飛ぶ車

空飛ぶ車は、ドローンを発展させたタイヤのないタイプの開発が目立つが、最近は陸上走行のために将来的にタイヤをつけることを目指す企業も登場している。

2050年に空飛ぶ車が実用化される日が訪れると言われている。

ただ、法律的なことなど様々な壁があるらしい。

また金銭的なハードルがあるので、一部の富裕層がプライベートジェットのように使用すると考えられる。

一般の人が乗れるにはもっと先になるとようです。

前の記事

2匹のカモ

次の記事

一面の花