電磁波とは

電磁波とは

電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ波のことです。
電気の影響から及ぶ範囲を「電場」といい、磁気の影響が及ぶ範囲を「磁場」といいます。
その電波と磁場がお互いに影響しあって、電磁波の波が作られているのです。
電磁波は一般に周波数(1秒間に生じる電磁波の「波」の数)であらわされ、色々の種類があります。
近年、電磁波による体調の被害を受ける人たちが非常に増えています。
IHクッキングヒーター、電子レンジ、電気カーペット、電気毛布、ヘアードライヤー、携帯電話など全ての電気製品からは電磁波は流れています。

電磁波被曝

米国をはじめ電磁波問題は社会的問題でもあります。
先進国でありながらも日本においては電磁波がどれだけ人体へ影響を与えているか、認識不足であります。ひとりでも多くの人の電磁波被曝から体と心を守り、健康に保つことが当社の願いです。
その電磁波が人体にどれだけの影響があるかを測定する調査が電磁波調査です。

国際的基準と最新機材で調査

当社はWHO(世界保健機構)ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)IEC規格(国際電気標準会議)日本の電磁波防護基準など世界の人体防護ガイドラインを定める為の団体が使用する測定器と同等の機材を使用して調査を行います。
症状に思い当たる方は健康な生活を送るために、電磁波測定調査をお勧めいたします。

電磁波過敏症

電磁波を浴びることが原因で発生する諸症状を「電磁は過敏症」と呼ばれています。
電磁波に敏感なため身の回りにある微弱な電磁波を浴びただけで頭痛や吐き気などを感じます。
電磁波過敏症は電磁波を浴びることが原因で発生する病気です。
スウェーデン、デンマーク、などヨーロッパ諸国では社会的に知られつつあり、公的保険の対象として治療がされています。

低周波電磁界による非熱作用

日常に存在する高圧送電線や家電製品から発生する低周波電磁界の磁場に曝露する事により、体内の免疫機能を低下させ身体的悪影響を及ぼしているだろうという説により現在、低周波電磁界による非熱作用の身体的悪影響として、小児白血病、発癌、脳腫瘍、流産、骨粗しょう症の症例が疫学調査より公表されている。

低周波・電磁波による症状

目の症状:見にくい、目が痛い、目がうずく
皮膚の症状:乾燥する、赤くなる、できものなど
鼻の症状:鼻づまり、鼻水など
顔の痛み:顔がほてる、むくむ、水泡、ヒリヒリする
口の症状:口内炎、メタリックな味がする
歯や顎:歯や顎の痛み
粘膜の症状:乾燥、異常な渇き
頭痛:単なる頭痛のみならず記憶喪失やうつ症状まで
疲労:異常な疲れ、集中力の欠如
めまい:気を失いそうな感覚、吐き気
関節痛:肩こり、腕や関節の痛み
呼吸:呼吸困難、動悸
しびれ:腕や足のしびれ

低周波アレルギー

普通の人には聞こえない音が低周波音です。
普通の人には聞こえない騒音いわゆる「低周波騒音」です。そういった騒音だからすぐに状況が表面化することがなくても物や人に影響を与えるところも厄介な原因の一つでもあります。
部屋の中にいても、車内、店の中などどこにいても声が聞こえます。症状の大小はありますが「低周波騒音」は普通の人には聞こえないだけに厄介な騒音です。

低周波音の原因

低周波音による影響は統計的に中年女性に現れることが多いようです。
又、男性の場合は、一定場所に長時間とどまる事務的な仕事を行っている方が多いようです。
低周波の発信源が特定の場所から殆ど動かないと考えられています。
発生源付近に住む専業主婦や事務職などが、長時間低周波音に曝されるためと考えられます。

自分にしか聞こえないから回りから理解されない

生活を共にする家族にも生活リズムの違いから理解されず、「低周波騒音」に一人思い悩む人が沢山います。
他の家族や周りの人には聞こえないわけですから理解を得ることは難しいでしょう。

低周波の与える様々な影響

低周波騒音の与える影響には、物に与える「物的影響」と「人体への影響」に大別され、「人体への影響」には「心理的影響」と「生理的影響」があります。
それぞれの影響には以下のものが挙げられます。

物的影響

扉やサッシ等の建具が、がたつく
置物が移動する
コップの中の水に波状が出る
電球等のネジが緩む

人体の影響(心理的影響)

低周波音が認識できて安眠が出来ない
イライラする
意味もなく恐怖を感じる

人体の影響(生理的減少)

頭痛
肩等の凝り
動悸
胸の圧迫感
息切れ
不眠症
吐き気
食欲不振
胃や腹部の痛み
耳鳴り
耳の圧迫感
ふさがり感
目や耳の痛み
痺れ
腰痛
手足の痛み鼻時
だるさ
疲労感
微熱
風邪の様な症状
以上の様な症状は複合された形で表面化する事が多いでしょう。

低周波・電磁波料金

低周波・電磁波の料金は、症状と調査の場所により変動しますので、面談にてお見積もりさせていただきます。

非通知電話/公衆電話は不可です0120-169-417受付時間 10:00~17:00 [ 不定休 ]

ご相談フォーム お気軽にお問合せください