離婚手続

1、離婚調停

2、離婚の種類

協議離婚、裁判離婚及び調停離婚、審判離婚があります。

主に民法に規定する協議離婚、裁判離婚となります。

協議離婚

離婚する意思の合致とその旨の届出により効力を生じます。

裁判離婚

裁判所の判決によって成立する離婚です。

裁判離婚が認められるためには、離婚原因の存在が必要です。

離婚原因には、不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復の見込みのない強度の精神病、そのた婚姻を継続し難い重大な理由があります。

婚姻を継続し難い重大な理由とされているのは、婚姻の波状と言う結果さえ存在すれば、その原因の如何を問わず離婚を認めると言うことです。

これを波状主義と言います。

もっとも、裁判所は、形式的に離婚原因に当たる事実があるときでも、一切の事情を考慮して離婚の継続を相当と認めるときは、離婚請求を棄却することが出来ます。

調停の申込方法

1、当事者による家庭裁判所への申込

2、代理人による申込

 

 

 

非通知電話/公衆電話は不可です0120-169-417受付時間 10:00~17:00 [ 不定休 ]

ご相談フォーム お気軽にお問合せください