キャッシュレス

三井住友銀行が銀行レスを開始、2022年度までに全体の7割以上に当たる国内300店舗の窓口で現金の受け渡しを取りやめる方針。

日本の人口は2020年1月1日時点で1億2713万8033人、30年後は1億人との予想もある。

しかし2019年の出生数は2018年比5万3,161人減で調査開始以来過去最少を更新した。

その統計の計算から人口が1億人を切る時点は、もっと早いと考えられます。

平成の大合併からまもなく10年。

今後10年~30年の間に更なる大合併が必要となるでしょう。

人口減少の意味でもデジタル化社会のシステムは必要不可欠と言えます。

政府は2019年、2024年に新札が発行されると発表。

新札の発行後にキャッシュレスは増加すると思っていました。

それだけに三井住友銀行の銀行レスの早い対応に驚きました。

 

前の記事

電気自動車

次の記事

リコーカップ