397年ぶりの超大接近

木星と土星は20年周期で接近し、今回は397年ぶりの超大接近、21日、日の入り後、南西の空が大チャンス。

次回、今回との同程度に近づくのは60年後の2080年となりますが、私は絶対に生きていません。

数日前から双眼鏡を用意して楽しみにしていましたが、用事ができて見ることが出来ずネット動画で見ました。

2つの星が近づいて行く姿はとても不思議です。

実際には木星と土星との距離は7億3000キロ以上離れているが地球から見るとまるで、すぐそこにある感じです。

宇宙の時間から見ると驚くほどの距離では無く、その距離は数メートルの感覚かもしれません。

年に一度、恋が叶う日、天の川の織姫と彦星の七夕を思い出しました。

 

 

 

 

前の記事

次の記事

クリスマス