失われた大陸

海の底にある「失われた大陸」の大きさが明らかになった。

研究者はニュージランドとその周辺海域に、ジ―ランディアと呼ばれる8番目の大陸の存在を確認した。

ジ―ランディアの面積は500万平方キロメートルで、オーストラリア大陸の約半分のサイズである。

海面上にあるのは6%で94%は水中にある。

研究者は2030年までに地球のすべての海底を地図化する取り組みを行っている。

私たちが住む地球は「水の惑星」と言われ、地球は海の面積が約70%を占め、海洋の95%が未解明です。

沈んだ大陸、絶滅した生物も沢山ありますが、これから絶滅する生物、沈む大陸もあると思います。

未知の海洋には私たちが知らない生物が存在しても不思議ではありません。

恐竜が海の底で静かに暮らしているかも・・・。

 

前の記事

クリスマス

次の記事

満月