宇宙エレベーター

2050年までに、日本の大手総合建設会社、大林組が「宇宙エレベーター」の運用開始を目指している。

ロケットに代わる未来の宇宙輸送・交通システムとして注目されています。

人工衛星から地表までケーブルを垂らし、それを伝って宇宙まで昇っていくという宇宙エレベーター。

まず、赤道上の高度3万6000キロメートル地点にある静止軌道に、ターミナル駅となる人工衛星を築くことから建設スタート。

宇宙エレベータの主な仕組みは、100年前に考案されていたが、ケーブルの材料が無く不可能とされていた。

しかし、この状況を一変させる新材料が開発された。

建設予定費も約10兆円で、リニア中央新幹線の総工事費とあまり変わらないことで、ロケットを打ち上げるよりも安価である。

いったい、50年後、100年後の未来はどんな世界でしょうか?

宇宙都市が建設され、宇宙旅行が出来る時代になっていると思います。

100年後の未来を見ることは不可能ですが、この目で見てみたいですね。

 

前の記事

白いパンダ

次の記事

時速1000キロ