とにかくでかい恐竜

オーストラリアで発見された新種の恐竜について、これまで見つかったもののうち最大であることを確認した。

推定9000万年以上の前のティタノサウルス類の一種で、長い首が特徴の竜脚類に属する草食恐竜だった。

サイズは臀部(でんぶ)までの高さが5~6.5m、前後の長さは25~30m。

高さは2階建のビルと同じぐらいで、長さはバスケットボールのコートに匹敵する。

とにかくでかい。

恐竜というと子供の頃、ウルトラマンなどで滅茶苦茶大きいイメージがあったが、実際の恐竜は、そこまでないので以外に小さいと感じていました。

しかし、この恐竜はウルトラマンに登場するぐらい大きい。

こんな恐竜が実際に目の前を歩いていたら、想像しただけでワクワクしてきます。

タイムスリップをして恐竜の時代を見たいと思います。

前の記事

全米女子オープン

次の記事

New!!