白いピューマ

ブラジル南東部の大西洋岸森林のセラ・ドス・オルガンス国立公園を闊歩する白っぽい若い雄のピューマをとらえた写真が注目を浴びています。

野生のピューマでリューシズム(白変種)が確認されたのは初めてらしい。

ネットで闊歩する写真を見たとき、その姿は堂々としていて、凄く美しいと思いました。

他の野生のネコ科の動物では比較的よく見られるが、捕食者で、南北米大陸最大の野生のネコ科動物であるピューマは、ほとんど前例が無く珍しいらしい。

白いライオンも素敵ですが白いピューマも格好いいと思います。

これまで見たピューマの印象と全然違います。

ピューマの顔は鋭い印象がありますが、白いピューマは白い猫みたいで凄く可愛いです。

体は細マッチョの筋肉隆々って感じです。

 

前の記事

半導体

次の記事

ハビタブルゾーン