マグロが落ちていた

ドライブ中の夫婦が発見、70キロのマグロが海に落ちていた。

2人で素手で生け捕りにした。

那覇市の夫婦は岸から10メートル、水深約15センチの浅瀬に横たわる生きたマグロを発見し、夫婦はマグロが海に落ちていると驚いた。

その大きさに四苦八苦しながら二人でトランクに積み込み、車内のエアコンをフル稼働して家路を急いだという。

これから海水浴シーズンに入るから、マグロが横たわっているか注意しようと思います。

でも殆ど横たわっているのはエアーマットに寝ころんだ人間です。

たまに大きい人がいると、もしかしてマグロ?と間違えるかも。

私もドライブをしながら回転寿司へ行きました。

 

 

前の記事

15歳の科学者

次の記事

特大ホームラン