シカの首にタイヤ

米コロラド州デンバー郊外の自然保護区で、首にタイヤが巻き付いたアメリカアカシカが2年以上前に目撃された。

しかし野生のシカに人間が近づくことは難しく、過去2年間、なかなか発見できない状況が続いた。

周辺住民から情報を得て、ようやく捕獲し、タイヤを外すことに成功した。

シカは4歳で、体重は270キロ。

タイヤには4.5キロ分の残骸が詰まっていた。

2年以上も重いタイヤと残骸を首に巻いていたことになる。

しかも人生の半分以上タイヤが巻いていたことになる。

でもタイヤを首にかけた姿はあどけなく可愛らしいですね。

シカには大きな傷も無く無事でなによりでした。